緊急避妊薬(アフターピル)とは?

「アフターピル」をご存じでしょうか?妊娠を望まないにもかかわらず避妊せずに性交渉をした場合に、行為後に妊娠を阻止する目的で服用する薬がアフターピルです。
日本ではアフターピルは「緊急避妊薬」と呼ばれ、現在、直接、医療機関を受診するか、オンライン診療を受診するかにより入手することが可能です。

みのり薬局では、緊急避妊薬としまして、以下の「ノボノルゲストル錠」を在庫しております。

先発医薬品 ;ノルレボ錠1.5mg(先発)
後発医薬品(ジェネリック);ノボノルゲストレル錠1.5mg「F」(後発)

【緊急避妊法】
●ノボノルゲストル単剤(LNG-ECP)・・・排卵するのを抑えたり、遅らせる作用があります。
妊娠阻止率は性交後24時間以内の服薬で95%、48時間以内で85%、72時間以内で58%といわれており、できるだけ早く服薬した方が効果は高いことが知られています。(基本的に72時間以内に内服しないといけないため、72時間を超えて飲んでもあまり意味がありません)
服用後、避妊が成功しているようなら、95%が次回予定月経日後の7日以内に月経があります。月経が7日間以上遅れたり、通常より軽い場合には妊娠検査を受ける必要があり、基本的に産婦人科を受診する必要があります。(避妊は100%でない。妊娠、異所性妊娠などの可能性があるため。)
ちなみに子宮内での生存期間としまして、卵子が24時間、精子が3日間となっています。よって、基本的に排卵後24時間しか受精能力はありません。

お薬の副作用について
副作用;悪心(2.25%)、下腹部痛(0.96%)頭痛(1.38%)傾眠(1.04%)不正性器出血(1.21%)乳房障害(2.08%)
嘔吐はほとんどみられませんが、服用後2時間以内に嘔吐した場合は、直ちに1錠追加して服用する。
制吐剤の予防的効果は推奨されない。嘔吐は持続する場合はCu-IUDの使用を考慮する。

★ 薬剤の詳細については、みのり薬局の薬剤師にご相談ください。

妊娠しやすい時期は?